家族でMagic: the Gathering

主に息子と私のMTG体験記です

自立できる日

昨日はガツン!さんに「第2回ガツンポーカー部」を開催しに行ってきました。
ポーカーの方は私はルール説明とディーリング(ゲーム進行)を担当し、来店されてゲームに参加される方にゲームを提供する部分を担当していました。ディーラーという役割で、方法としては自分もゲームに参加しつつディーラーをやる「プレイング・ディーラー」というのもあるんですが、ディーラー経験があまり無いのでディーラーに専念してました。

食前は地下で8人テーブルを使ったポーカーをやった後、食後Magicのドラフトが始まり8ドラと4ドラの2テーブルが立ってました。AちゃんがPPTQ参加後にIさん一家がガツン!さんに来店。Aちゃんがポーカーをやりたいという希望があったんで、食後の2つのドラフトの隣で4人で2回目のポーカートーナメントを開催してきました。前回は2回優勝したAちゃんが、なんと今回は1飛び。運の要素も絡むのでなかなか簡単にはいかないですね。

話をMagicに戻します。
息子がドラフトに参加したいということで8ドラに参加させました。
こちらはポーカーの方をやっていたのでドラフトの具合とかは全く分からなかったんですが、たぶん0-3ですw
1勝でももぎ取れていれば嬉々として報告に来たでしょうからw

で、今後のMagicとの付き合い方なんですが、構築よりもリミテッドメインで行きたいというのが私の希望です。理由はシンプルにお金。息子が自分で稼いで自分で選び自分でデッキを組めるのなら止めはしませんが、今はまだ私が保護者として守ってやらないといけない時期です。

Magicだけが趣味でそこだけにお金を投じられるならそれでもいいのですが、うちの場合そうも言っていられません。私自身がMagicを楽しみたいというのもあります。

そこで1回が比較的安価に遊べるドラフトメインのリミテッドで遊び続けることを希望しています。

息子が自分でカードを選び、自分で戦術を考え、自分でプレイングに自信をもってできる日はまだ見えません。今は下積みの状況かなと思ってます。IさんがTwitterでAちゃんが「日本初の女子高生プロツアー出場」を目指すと仰っていましたが(そして、それは実現しうると私は考えてますが)、うちの息子の場合まだまだレベルは下で、自立してMagicをプレイングできるようになるのがだいたい中学校に上がる頃になると思ってます。そう言う意味での「今は下積み」の時期です。

中学に上がる頃に下積みが出来上がっていれば、IさんやOさん、他親子Magic勢と共に競技シーンを目指していけると嬉しいかな、と思っております。